平成31年1月30日、森岡コミュニティセンターにて、今年度2回目のひがしうらおすそわけ隊養成講座を開催しました。

1月18日におすそわけ隊出発式やPR企画のおすそわけカフェを行ったことで、締め切り間際での駆け込み申し込みも多数あり、23名での開催となりました。

 

 

 

講座1“おすそわけ隊のすゝめ”では、「地域での支えあいの必要性」「高齢になると誰もが出来なくなることが増えていくので、お互い様の気持ちで助け合うことが大切であるということ」、おすそわけ隊が始まった経緯やおすそわけ隊の必要性等も説明しました。

 

講義2“おすそわけ活動の事例を聞いてみよう!”では、半田市で活動されている「亀崎思いやり応援隊KOO」代表溝口氏から亀崎での活動の内容や構成メンバー、活動の中での困りごとや解決方法など、実際に活動しているからこそ生じてくる課題なども話して頂きました。

 

また、実際におすそわけ活動をした方からも、活動を通しての感想やおすそわけ活動を始めた理由なども話して頂きました。

 

受講生からは様々な質問が出されました。受講生の方々の“受講はしたが実際に何が出来るのかな・・・”と不安も感じているということが伝わってきました。

報告をして下さったお二人からは、

「とにかく活動していく事が大切。そのことでいろいろ見えてくるし、その都度、みんなで考えていく事が大切」とのエールを頂きました。

 

講義3、“グループでおしゃべり!〜発見!誰かのために活かせるパワー〜”

では、お手伝いカードを使ってのグループワークを行いました。

誰かにお手伝いを頼まれた時の気持ち体験、誰かにお手伝いを頼むときの気持ち体験を行いました。頼まれることは戸惑いなく行えるが、頼むことはハードルが高いのだということを体感でき、おすそわけ活動をイメージすることも出来たかと思います

 

 

今回のおすそわけ隊養成講座では、22名が講座修了。おすそわけ隊への登録は17名でした。

【アンケートより抜粋】

「実際に活動している人の話が聞けて良かった。」

「地域の為にやる事の大切さがわかりました。」

「地域に何か出来たらと思っていたのでよくわかった。」

「地域ボランティアでの問題点が聞けて良かったです。」

「もっと住民の皆さんにお知らせして活気あるものにしてください。」

など、たくさんの感想を頂きました。

1月18日に出発したばかりのおすそわけ隊ですが、地域で困っている方の手助けができ、支え合いが日常になっている地域となっていけるように、これからもおすそわけ隊の活動を広めていきたいと思います。

【おすそわけ隊パンフレットより】

 第3回緒川新田地区 おすそわけ隊養成講座は、2月22日(金)、卯ノ里コミュニティセンターで開催予定です。受講申し込みは2月16日(土)までとなっております。

ご興味のある方は、東浦町総合ボランティアセンターなないろ 

       0562-51-7697までご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

広報ひがしうらのふくし2月1日第207号が発行されました。

 

下のURLをクリックしてご覧ください。

http://higashiura-syakyo.com/pdf/kouhou31.2.pdf

 

《内容》
・100歳誕生日祝い(緒川わいわいサロン)
・知多郡社会福祉協議会 社会福祉事業功労者表彰
・「まちを元気にするセミナー」ご案内
・「セカンドライフ・カレッジ」開校します
・「うたごえサロンへ」ようこそ
・「石浜サテライト」ご利用案内
・善意の灯
・こんにちは東浦町高齢者相談支援センターです
 みまもりねっと メール会員募集中登録無料

 

 

☆ホームページもぜひご覧ください☆

 

東浦町社会福祉協議会
http://higashiura-syakyo.com/

 

東浦町高齢者相談支援センター
http://higashiura-syakyo.com/center/hokatsu.html

 

東浦町総合ボランティアセンター なないろ
http://higashiura-syakyo.com/nanairo/

ケーブルテレビ「知多メディアス」にて、
ひがしうらおすそわけ隊出発式の様子が紹介されました。
下記をクリックするとメディアスHPへ移動しますのでご覧ください。

 

http://www.chitamaru.jp/movie/112039/

 

 

 

「ひがしうらおすそわけ隊」がスタートしました!

 

平成31年1月18日、東浦町総合ボランティアセンターなないろにて、 おすそわけ隊出発式が行われました。

平成30年1月に第1回おすそわけ隊養成講座を開催してから1年。この間に養成講座は合計2回修了者50名、登録者36名。試行期間中には、部屋の片づけ、庭木の剪定、ゴミ出し、草取り、話し相手、散歩の付き添い、ドアベルの設置など、実際におすそわけ活動を体験し、登録者で論議しながら料金などのルールも決めました。

 しばらくは、料金無料で30分程度のおすそわけ活動を基本に活動していく事になっています。対象者は主に御高齢の方になりますので、身近に困っている方がいましたら、ボランティアセンターなないろ、CSW、民生委員・児童委員、ケアマネジャー、包括支援センター職員等へご相談下さい。

☆出発式では、おすそわけ隊のあゆみ、おすそわけ劇場などを通しておすそわけ隊の仕組みを隊員で確認し合いました。

 

☆盛り上げるはずだった手作りくす玉・・・ハプニングで笑いを誘い・・・

 

最後は、おすそわけ隊員の杉本さんの掛け声 「おすそわけ隊!がんばるぞ〜!」「お〜っ!」で締めくくられました。

 

出発式の後は、会場をグリーン・ラソに移し、おすそわけカフェを開催。  飲み物とラソ特製のスイーツ三種盛りを頂きながら、おすそわけ隊の方とおすそわけ隊について知りたい方、おすそわけ活動してほしい方、地域住民の方で「おすそわけ活動」についてワイワイガヤガヤ交流しました。

 

「教えて!おすそわけ隊の細かいこと・・・!」コーナーでは、質問が殺到!

 

おすそわけ隊PR企画を行ったことで、東浦町全体に温かいおすそわけ活動が拡がっていくといいなと思います。まだまだ、未完成ではありますが、地域のボランティアさんで結成されている「ひがしうらおすそわけ隊」を温かく見守って下さい。

広報ひがしうらのふくし平成30年1月1日第206号が発行されました。

下のURLをクリックしてご覧ください。

http://higashiura-syakyo.com/pdf/kouhou31.1.pdf

《内容》
・にじいろフェスタ(写真)
・KURUMA・ザ・トーク(車座)vol.5 →詳細
 「ファンドレイジング 活動を支える資金調達術」
・KURUMA・ザ・トーク(車座)vol.6
 「睡眠力を鍛えよう!眠れるカラダのつくり方」
・「あいちシルバーカレッジ」開講します
・不登校・ひきこもりの人とその家族の気持ちに寄り添う〜ひまわりの会の活動を通して〜 →詳細
・第13回ふれんずフェスティバル
・善意の灯(平成30年9月1日から12月10日ご寄贈分)
・1月福祉センターアラカルト
・こんにちは東浦町高齢者相談支援センターです〜地域で気づく高齢者虐待〜

 

 

 

ホームページもぜひご覧ください!

 

東浦町社会福祉協議会
http://higashiura-syakyo.com/

 

東浦町高齢者相談支援センター
http://higashiura-syakyo.com/center/hokatsu.html

 

東浦町総合ボランティアセンター なないろ
http://higashiura-syakyo.com/nanairo/


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM