※終了しました※



※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます



◆主催

東浦町・東浦町社会福祉協議会

◆日時

2016年3月18日(金)18:30〜20:30

2016年3月26日(土)10:00〜12:00

◆会場

東浦町総合ボランティアセンター

(知多郡東浦町大字緒川字屋敷弐区61-1)

◆定員

20名(先着順)

◆対象者

内容に興味、関心のある方。

◆申込方法

電話、FAX、E-mail等で町協働推進課(☎0562-83-3111)へ申込みください。

◆費用

参加費無料



◆内容詳細

思いをカタチにしたい。

思いを伝えたい。

仲間をつくりたい。

思いがまちをかえる。



タイトルのとおり、

まちを元気にするためのセミナーです。



「地域に求められる市民活動を目指して」

思いを実現させるには...

地域に求められる事業とは...

藤森 幹人 氏

NPO法人ボランタリーネイバーズ理事

?対話計画代表



共感者を増やす

「プレゼンテーション成功のコツ」

思いを効果的に伝えるには...

坂元 邦晴 氏

?デンソー西尾製作所総務課担当課長

NPO法人アジア車いす交流センター元事務局長



上記の講師を招いて開催します。

※終了しました※



※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます



◆主催

東浦町総合ボランティアセンター なないろ

◆日時

2016年3月15日(火)13:30〜16:00

◆会場

東浦町総合ボランティアセンター

(知多郡東浦町大字緒川字屋敷弐区61-1)

◆定員

20名程度(先着順)

◆対象者

内容に興味、関心のある方。

◆申込方法

電話、FAX、E-mail等でなないろ(☎0562-51-7697)へ申込みください。

◆費用

参加費無料



◆内容詳細

障がいや疾病のある方の社会参加を支えることへの啓発のために本講座を開催します。 

病気が原因の生活のしづらさ等を当事者からの体験談を交えながら、講座を進めていきます。

当日は、特定非営利活動法人びすた〜り主宰の高山京子さん(日本福祉大学 講師)と 

当事者のみなさんにお越しいただきます。

病気や障がいの実際のところを、

参加者していただいた方とともに、

アットホームな雰囲気で学べればと思っています。

※終了しました※







※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます



◆主催

東浦町総合ボランティアセンター なないろ

◆日時

2016年3月14日(月)13:15〜16:30

◆会場

東浦町福祉センター

(知多郡東浦町大字石浜字岐路23-1)

◆定員

40名程度(先着順)

◆対象者

内容に興味、関心のある方。

◆申込方法

電話、FAX、E-mail等でなないろ(☎0562-51-7697)へ申込みください。

◆費用

参加費無料



◆内容詳細

福祉に携わる職員やボランティア・市民活動で人との関わりを活動としている全てのひとのための企画です。

きっとみなさんのお役にたつスキルであると思いますので、ぜひご参加ください。



クラフト系

創造性を刺激するものづくりのネタを紹介します。



体操・アクティビティ系

体が動き、心が弾む動きや効果的な言葉かけなどを紹介します。



ゲーム・歌遊び系

その場が和み、参加者同士が触れ合えるゲームや心を癒す歌を紹介します。



3つの系統のレクネタから選択して参加できます。

詳しくはチラシをご覧ください。

※終了しました※





※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます



◆主催

東浦町総合ボランティアセンター なないろ

◆日時

2016年3月9日(水)10:30〜12:00

◆会場

東浦町総合ボランティアセンター

(知多郡東浦町大字緒川字屋敷弐区61-1)

◆定員

20名程度(先着順)

◆対象者

内容に興味、関心のある方。

◆申込方法

電話、FAX、E-mail等でなないろ(☎0562-51-7697)へ申込みください。

◆費用

参加費無料



◆内容詳細

震災と原発事故は、東北で暮らしていた多くの人びとの日常を破壊し、その未来も暗闇で覆いました。

あれから5年が過ぎ、その爪痕は多くの人々の記憶から消えかけ、風化しかけています。 

全国各地に避難した人びとの実情を知るとともに、私たちにいまできること、これからできることをいっしょに考えてみませんか。



当日は、実際に震災の影響で、福島から愛知県内に避難し、現在も生活されているご家族2組を招き、直接お話を伺います。

この機会にもう一度、東日本大震災について考えて考えていきたいと思います。



この企画は、今年度最後の車座として開催します。

車座とは、日々暮らしていく中で、昔はなかったのにいつの間にか登場した「コトバ」や「社会問題」、「地域の課題」等、特定のテーマを決めゲスト講師を交えながら、参加者とともに考え学んでいくための企画です。

 

※終了しました※



ボランティアや活動者が、つながるための機会。

ボランティア・市民活動交流会。

今年の交流会は、3つのテーマを設けて、3日間にわたって開催します。

他の活動者の話を聞きながら、普段の活動をふりかえり、

「伝えたい」「応援したい」「つながりたい」

そんな思いを共有してみませんか。





※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます



◆主催

東浦町総合ボランティアセンター なないろ

◆日時

2016年3月5日、2016年3月12日、2016年3月19日

10:00〜12:00(全日程ともに)

◆会場

東浦町総合ボランティアセンター

(知多郡東浦町大字緒川字屋敷弐区61-1)

◆定員

特になし(ただし、同時開催のハンドメイドワークショップは材料がなくなり次第終了します。)

◆対象者

内容に興味、関心のある方。

◆申込方法

事前申し込み不要なので、当日お越しください。

時間内であれば、いつ来ても、帰ってもOKです。

◆費用

参加費無料



◆内容詳細

3月5日(土) 10:00〜12:00

【テーマ】働きながら取り組むボランティア・市民活動


働きながら活動に必要なことってなんでしょうか。

活動者自身のモチベーション【続けるこころのちから】はなあに。

【コーディネーター】和田京子 氏(ボランティアサークルこころ屋代表)





3月12日(土) 10:00〜12:00

【テーマ】相乗効果を生みだす協働にチャレンジ


ますます複雑・多様化する地域ニーズを解決することはできるのでしょうか。

その答えを導き出す魔法の方程式があるとしたら、みなさんは知りたくないですか。

【コーディネーター】なないろ職員(山木)





3月19日(土) 10:00〜12:00

【テーマ】地域で助け合うボランティア・市民活動


隣近所の住民が困っているときあなたならどうしますか。

住み良い地域をつくるために自分たちができることを一緒に考えてみましょう。

【コーディネーター】友永涼子 氏(東浦町子育てネットワーカー代表)


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM