令和元年10月4日(金)13001600、藤江老人憩の家にて、「第5回ひがしうらおすそわけ隊養成講座」を開催しました。

 今回は男性4名、女性12名(計16名)の方にご参加いただき、7名の方がおすそわけ隊に登録してくださいました。これで、森岡11名、緒川11名、緒川新田16名、石浜10名、生路14名、藤江18名、町内合計80名となりました。

 

講義1【おすそわけ活動のすゝめ】では、「おすそわけ隊の仕組み」や「地域で支え合いが必要とされている背景」、「実際のおすそわけ活動を通して見えてきた課題」等をお伝えしました。

 

 

 

【おすそわけ活動の事例を聞いてみよう!】では、

 毎回講師としてお話して頂いている「亀崎思いやり応援隊KOO」代表溝口氏から、隊を立ち上げるまでの経緯や実際の活動内容、活動の中での困りごとや解決方法なども話して頂きました。活動を続けていく中での課題もあり、活動歴の長い「亀崎思いやり応援隊KOO」でさえも活動継続の大変さを感じているとのことでした。それでも、何よりも楽しんで活動することが一番大切と話されていました。

 参加者のみなさんからは、「参考にできるところは参考にし、おすそわけ隊らしさを大切にしながら、地域の支え合いを広げていく事も大切にしていきたい。」との感想もあり、これから活動していく受講者さんにとっても参考になるお話をたくさん聞くことができました。

 

 

【おすそわけ活動の事例を聞いてみよう!】では、

 生路地区で活動されているメンバー3名に活動報告をしていただきました。活動写真をみながら、実際に活動した時の気持ちや依頼者との関係性、活動を通して感じたことなどを話して頂きました。おすそわけ隊の活動のイメージがつき、参加者の方もおすそわけ隊の活動への理解や興味を深めることが出来たのではないかと思います。

 

【グループでおしゃべり♪〜発見!だれかのために活かせるパワー〜】では、

 お手伝いカードを使用し、誰かに何かを依頼された時の気持ちや、依頼した時の気持ちを体験するグループワークを行いました。

 参加者からは、 「カードで頼むから簡単に依頼を受けたり、依頼したりできるけれど、実際に困りごとを頼むのは簡単ではないのだということがわかった。」との感想が多数ありました。自分の困りごとをお願いすることの難しさを疑似体験する良い機会になったと思います。

 

 

講座終了後のアンケートでは、

「いろいろと参考になり、自分でも出来る事があることあれば参加してみたい。」「貴重なお話をありがとうございました。とても勉強になりました。私でも何か出来たら・・・と思いました。」

「おすそわけ隊活動は良いことだと思います。自分もいずれかはお世話になるかもしれないので。」

「将来1人になった時、お世話になることがあると思いますので、心して協力出来たらよいので、今から心つもりしておきます。」

など、たくさんのご意見を頂きました。

 

 気楽に「お願いします!」が言い合えて、助け合える地域を目指して、おすそわけ隊の活動が各地域で広がっていくように、おすそわけ隊のPRとニーズと活動のマッチングに力を入れていきたいと思います。

 

今後のひがしうらおすそわけ隊養成講座の予定は、下記の通りです。

●森岡・緒川地区:令和元年12月13日(金) 13:00〜16:00

 緒川コミュニティセンター 

 

活動依頼やおすそわけ隊についてのお問合せは、

東浦町総合ボランティアセンターなないろ(0562-51-7697にて受け付けております。ぜひ、お気軽にご連絡ください。

 ※詳細については、

東浦町社会福祉協議会 高齢者相談支援センター(CSW)

TEL:0562-82-2941までお問い合わせください。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM